オフィス移転や居抜きを利用~ベスト業者プロ~

スーツ

運営しよう

月々に必要なコストに要注意。

ビル

テナントとはビルやショッピングモールなどの一定区画を借りて、店舗や会社を運営する事です。つまりはアパートなどの賃貸物件に入居する場合と同じシステムですが、住居の賃貸物件とは月々に必要なコストが大幅に異なる事に注意が必要です。例えば、店舗のテナントとして入居すると高収入が見込める可能性が高いほど、月々のコストは高額になります。そのため、最低でも月々に必要なコスト以上の収益を得る必要があるのです。これはテナントとして入居し、会社を経営する場合も同様です。しかしこの場合は、商品の販売店舗ではないので立地条件にこだわる必要がなければ、あえて高額な物件に入居する必要はありません。賃貸に必要なコストは、可能な限り少ない方が良いのです。

他のテナントと集まる客層を知っておく。

販売店舗のテナントとして入居先を探している時に知っておきたい情報は、同じビルやショッピングモールなどに、どんなテナントが入居しているかです。例えば、有名で人気が高い他の店舗が同じフロアに入居する場合、その店舗の存在には集客効果があるので、自分の店舗にとっては好都合です。しかしそのような区画はビルなどの立地条件も良く、賃貸コストが高い場合が多いので、収益見込みと良く照らし合わせる必要があります。また、入居するビルなどに、どのような客層が集まるのかを知っておく必要があります。なぜなら、自分の店舗が売りたい商品のニーズがなければ、商売が成立しないためです。事前の下調べが入居後の収益を大きく左右するので、とても大切な要素と言えます。